« ジェイ・グレイドンの日本での秘蔵ライブがDVD化! | トップページ | NHK英会話講座のテキスト代がタダなわけ »

2008年1月12日 (土)

プラズマテレビの店頭展示の落とし穴

ついに前から調子の悪かったテレビの映りが風前のとぼしびとなりました。
ボヤボヤににじんで、文字が読めない。
よく使っているブラウン管テレビ2台とも調子悪かったのですが、いよいよその時がきた。

去年の暮れから毎週末、家電店へ行って展示テレビを見比べているのですが、選べない。
液晶にすべきか、プラズマにすべきか。

液晶はくっきり明るい。でもブレる
特にカメラがターンした時や、人がうなずく時に生じるブレが気になります。
また色がべた塗りなところが多々見られ気になる。

プラズマは液晶よりブレが少ない。でも液晶のメリハリ感つやっぽさがない

そうこうしているうちに、何軒もの家電店をまわっていて重要なことに気づきました。

よく、プラズマは暗いとか全体が白っぽく見えるとかの記事を見ますが、実際、最初は展示品を見てやはりなぁと思っていたのですが、実は展示の仕方で全然違います。
たまたま同じメーカーのプラズマテレビが、上段・下段に展示されているのを見て驚きました。
映りが全然違うのです。

上段に展示されていたテレビは下から見上げる状態になるので、天井の照明が写りこんで、よく記事に書かれているプラズマの映りの欠点が強調された状態になっていたのです。
普通家で見る時は、照明が写りこむように下から見上げてみるなんてことはありえません。
それに家電店での照明による明るさは一般家庭の10倍近くもあって比じゃないです。(店頭:約2000ルックス、家庭:約300~150ルックス)
プラズマテレビは画面表面がガラスなので、照明が写りこみやすい状態の展示は参考になりません(家で見る環境条件と違う)。
これは大変重要なポイントです。
目線より上に展示してあるプラズマテレビの映像はまったく参考にならない!!

結局、まだ機種を選ぶことはできてませんが勉強になりました。
それに、ネットショップのほうが遥かに安いところが多いのもわかりました。
いずれにしても、急がねば!
<年末年始に家電店めぐりをして気づいたこと>
●液晶なら絶対倍速120コマ表示。
●プラズマテレビは目線より下の展示品のみを参考にする。照明が写りこんでいる展示は論外。
●サイズは37型以上。(何度も見比べているうちに、なれなのか、32型は初めて見たときよりはるかに小さく見えてきた)
フル・ハイビジョン仕様とハイビジョン仕様の見た目の違いはわからなかった。
●めぼしをつけた機種は、店頭へ行く前にネット価格を調べておく。
●ネット価格は、めまぐるしく変わるので以前見たショップも変わっていないか常にチェック

個人的な感覚なんですが、今は日立Woooのハイビジョン・プラズマテレビのHシリーズが特にどこも値下がっきているような気がします。
気持ちはややプラズマに傾いている。
きっと今度は、購入したテレビの報告ができるでしょう。
参考までに、以下のショップの価格をチェックしています。

【激安家電販売 WEB本店】PCあきんど

【特価COM 】> AV機器
【特価COM 】>AV機器


|

« ジェイ・グレイドンの日本での秘蔵ライブがDVD化! | トップページ | NHK英会話講座のテキスト代がタダなわけ »

おすすめサイト」カテゴリの記事

AV機器」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。